1. 「2018国民参加の森林づくり」シンポジウムを開催しました

イベント情報

このイベントは終了しました

「2018国民参加の森林づくり」シンポジウムを開催しました

平成30年12月8日(土)に第43回全国育樹祭に向けたキックオフイベントとして、浦添市にある国立劇場おきなわにて「2018国民参加の森林づくり」シンポジウムを開催しました。

基調講演では、うちな~噺家である藤木勇人氏(高座名 志ぃさ~)が「島の森と語り、木々と戯れる」をテーマに講演いただきました。
藤木氏は「山はぎんねー海んはぎーん」という沖縄のことわざを紹介し、山がはげれば海もはげるという意味で、沖縄の美しい海を守るためにも、森林を守らなければならない、と話し、会場の参加者は聞き入っていました。

つづくパネルディスカッションは、「やんばるからの森の恩恵」をテーマに、コーディネーターとして谷口真吾氏(琉球大学教授)に、パネリストとして齋藤和彦氏(森林総合研究所関西支所 森林資源管理研究グループ長)、渡口直樹氏(国頭村林業研究会 会長)、西石垣友里子氏(tituti OKINAWANCRAFT 木工作家)に登壇いただきました。
過去から現在までの沖縄の森林の歴史、県産木材の特徴や有効活用、木育などについてそれぞれの立場からの報告や、会場の参加者からの質問に答えるなどして、活発な意見交換が行われました。

また、ロビーでは森林や全国育樹祭と関連するパネル展示やおきなわの木コーナーを設置し、ご好評いただきました。

ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

今後も第43回全国育樹祭に向けて、様々なイベントを開催します。
皆さまのご参加をお待ちしております!
 
  • パネルディスカッションの様子

  • ロビーでの展示の様子

最終更新日:2018年12月11日

ページのトップへ